*

左脇を閉めろは間違い!?

【ポイントはタオルの使い方!】

やり直し重要度4★★★★

どーも、なお吉です。ゴルフレッスン書でもゴルフ番組でも「左脇をもっとしめて!」という言葉はよく聞かれます。
確かに左脇のしめが甘いとボールはいろいろな方向に曲がります。

そこで左脇を占める練習方法として、タオルやドライバーのヘッドカバーを脇に挟んで練習する方法が紹介されています。
しかし、これが大きな問題です。
なお吉は自分で積極的にフェースローテーションはしない方法をお伝えしていますが、この言い方を勘違いする人がいて、フェースをスクェアに当てようとするから左わきが開いてしまうのです。逆に、左脇をあけながら意識的にフェースをターンさせてみてください。
いかがですか?こちらのほうがずっと無理がありますよね。

つまり、正しいスイングさえしていればフェースは自然とターンして、同時に左脇が閉まるのです。
とはいっても、適度な脇の締めを体感したい場合に、とっておきの方法があるのでお伝えしたいと思います。

【ここからが大事】

まず、よく紹介されている脇を占める練習方法はイラストのようなタオルを挟んだ練習方法だと思います。

しかし、先程もお伝えしたようにこれが問題です。
締めすぎているため窮屈なスイングになったり、本来の手の動きができずに、完全に体主体の動きしかわからなくなってしまうのです。

両腕はある程度自由がききながらも体を主体にしたスイングを体感するためには、ちょっとした工夫が必要です。
それはズバリ、タオルを一回むすんでください。そして結びめ脇に挟んでスイングしてみましょう。

こうすると脇の根本だけを締めながらも、ある程度両腕の自由がきくと思います。
しかもバランスの取れたスイングができたときには、自然なフェースターンも体感できると思います。

この練習をする時に重要なのは、クラブフェースをハンマー投げの鉄球、シャフトをワイヤーと思いながら、自分の体をスイング軸に放り投げるようにフォローをとりましょう。砲丸投げをしたことがない人でも、体を回しっぱなしではなく、投げる瞬間に一瞬軸を止めるような動きは想像できると思います。
それが、ゴルフのインパクトです。
脇は締めすぎても甘くてもダメなんです。

次回は、頭は残せは間違いをお伝えしたいと思います。

【このページのポイント】

①ハンドタオルを用意して、中ほどで一回結ぶ。その結び目を左脇の中に入れてアドレスをとる
②タオルを挟んだまま落ちない位置ぐらいまでバックスイングをする。そこから切り替えしてダウンスイングを行う。この時、フェースの重みを感じながら砲丸投げのように自分の体を軸に回転させ、自然なフェースターンもおぼえる
③フィニッシュもタオルが落ちない程度のところで終了させる。
④タオルを挟んだ場合と挟まない場合を交互に5球ずつぐらい打ち、左脇の適度な締りを習得する


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

グリップとテークバックの関係

【テークバック時の指】 やり直し重要度3★★★ アドレスからテークバックを始める

記事を読む

スイング体重移動は間違い

「○○○○はするの?しないの?」

  【その教えは、即!ゴミ箱へ移動】 「○○○○はするの?しないの?」

記事を読む

インサイドアウトを治す方法【ご質問にお答えします】

どーも、なお吉です。 諸事情でしばらく記事をアップできなくて申し訳ありません。

記事を読む

スイング軸は1本じゃない!?

【ご質問をいただきました】 やり直し重要度3★★★ どーも、なお吉です。 今回

記事を読む

シャンクは怖くない!即席対処法

【まず深呼吸。次は・・・】 やり直し重要度3★★★ シャンクとは、ネック部分の丸

記事を読む

インパクトで伸び上がりを治す方法

【原因は左膝ではない?】 やり直し重要度3★★★ インパクトのときに上体が伸びあ

記事を読む

完璧な「左ひざ」の動きは、こうイメージしよう!

【注意することは一つだけ!】 やり直し重要度3★★★ あなたは左膝の動きに注意し

記事を読む

パッティング(ショ-トパット)のコツ

【ショ-トパットの苦手克服法】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉です。この前ゴ

記事を読む

腰を回せ

日本だけで主流の妄想「腰を回せ!」

【最初に教えられる真っ赤なウソ】 「回さないで耐える」やり直し重要度 5 ★★★★★

記事を読む

一石二鳥のイメージトレーニング術

【飛距離と方向性を同時に手に入れる】 やり直し重要度4★★★★ 少し前からレ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

  • ピタゴル
PAGE TOP ↑