*

スライス防止の”左の壁”

【飛距離アップにも欠かせない】

やり直し重要度5★★★★★

どーも、なお吉です。以前別のページで、飛距離アップのためにはミート率を上げるのが一番簡単だとお伝えしました。
ボールを遠くに、しかも曲がらず飛ばすためには、クラブフェースの真ん中に直角に当てる必要があるのです。

そこで、今回はこのミート率を上げるために「左の壁」について考えていきましょう。

左の壁を考える時にでんでん太鼓で説明したこともありますが、今回は投釣りをするときの竿をイメージしてみてください。
でんでん太鼓のときと同じように、竿を投げて右前方で竿の動きを止めることで手元にブレーキが掛かり、竿先(ゴルフクラブだとクラブヘッド)にオモリのついたエサが遠くに飛んでいきます。

ゴルフの左の壁とは、この竿の手元を止める動作と同じ意味を持っています。
インパクトの瞬間に正しく左の壁を作ると、両腕やシャフトが急激に加速してヘッドスピードが早くなります。

また、正しい場所で壁ができることで、クラブフェースが閉じながらアドレスの位置に戻ってくるため、ミート率が高くなります。

アマチュアゴルファーの多くが弱々しいスライスになってしまうのは、実は左の壁が正しく作れていない場合が多く、振り遅れてクラブフェースが開いた状態でインパクトを迎えている場合が多いのです。

左の壁については、ゴルフ雑誌にも何度も登場することなので、今さらと思うかもしれませんが、今日はそのイメージを変えて、飛距離アップをしてほしいのです。

【ここからが大事】

あなたは左の壁をどのようにイメージしていますか?たいていの場合は左股関節や左足カカトを中心に考えているのではないでしょうか。

もし、このようにイメージしているのに一向に飛距離が伸びない場合は、左の壁のイメージを変えてみましょう。
しかも、1秒もかかりません。

なお吉がおすすめするのは、左の壁を”斜め”にしましょうという提案です。
イラストのように、通常壁は直角をイメージすることが多いと思います。

しかし、ゴルフの回転軸は背骨を中心としていますので、ダウンスイングで左の壁を股関節あたりにすると、少し左に体重移動するイメージになると思います。
実は、これが”振り遅れ”の呼び水となっていると考えられます。

つまり、知らないうちにスエーしてしまっているんです。

そこで、左の壁を左足から左耳の方向へ斜めになっているとイメージしてください。
いかがですか?もう、左にスエーする感じがないと思います。

そして、インパクト以降も体を回すようにすると、アドレスの状態のまま、その場で回転するためミート率が上がります。
ぜひ、ミート率アップとヘッドスピードアップの参考にしてみてくださいね。

【このページのポイント】

①いつもと同じアドレスをとる
②左の壁を左足から左耳にあることをイメージしながら素振りをする
③インパクト以降もその場で体を回し続けることを意識する。また、右肩が下がらないように注意しましょう
④一軸で回転できるイメージが出来たら、実際にボールを打ってみる


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

インパクトで一番力を入れる場所

【〇〇の間隔を変えない】 やり直し重要度3★★★   「インパク

記事を読む

リズムで「ゾーン」を作り出せ!

【ラウンドに強くなるゴルフスイング】 やり直し重要度5★★★★★ 「『1+1+1=1』に

記事を読む

バックスイング、どこから動かす?

【超~単純に考えてくださいね】 やり直し重要度 5★★★★★ バックスイング

記事を読む

骨盤 ダウンスイング

目からウロコの『右ポケット追い越し』理論

【右の腰はどうすればいいの?】 やり直し重要度3★★★ 「左の腰は、よく取りあげられるけ

記事を読む

背中で飛ばす

【肩の回転がわかりづらい人のために】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉

記事を読む

ヘッドスピード最大にする方法

【力を入れる場所をかえて飛ばす!】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉で

記事を読む

クラブフェースのローテーションは、こうイメージしろ!

【ポイントは左手!】 やり直し重要度3★★★ どーも、なお吉です。 前回、前々回と2回

記事を読む

つかまったボールを打つ方法

【分厚い当たりで飛距離アップ】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉です。

記事を読む

グリップとテークバックの関係

【テークバック時の指】 やり直し重要度3★★★ アドレスからテークバックを始める

記事を読む

飛距離と方向性が同時に手に入る練習法

【ミート率を上げる】 やり直し重要度5★★★★★ アマチュアゴルファーでもプロゴ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑