*

なお吉コラム 【右軸の考察(右軸スイングを実践)】

公開日: : なお吉コラム, アドレス, スイング

どーも、なお吉です。
前回は最近のゴルフスイング理論が右軸に進化しているような気がして実験中であることをお伝えしました。
これはあくまでもなお吉理論ですので、「お話にならない!」と頭っから否定されても文句のつけようもありませんから、興味のない場合はスルーしちゃってください。
ただ、私の場合は飛距離が伸びたこともご報告させていただきます。

まず、”右軸”ときくと必然的に”左軸”を思い浮かべますよね。イメージでは思いっきり左右の違いと感じるかもしれませんが、実はこの幅は10cm程度しかありません。なぜなら、左軸は左股関節、右軸は右股関節にあると考えているためです。
つまり、”体重移動”はこのあいだで起こっているわけです。
ただし、毎回念押しさせていただきますが、体重移動は意識してするものではなく、スイングをした結果だと考えてください。

では、本題に入りたいと思います。

まず、右軸、左軸関係なく、スイングのパワーは地面から受けとります。
これが分かりづらい場合は、地面が柔らかいと想像してください。踏み込んでも反発するチカラを利用できませんから、スイングスピードが落ちます。
だから、左軸スイングの場合はダウンスイングからインパクトにかけて、頭の位置をキープしながら地面に向って蹴り上げ、結果的に左ひざを伸ばすことで壁を作ってスイングスピード(回転力)のアップを狙います。
ただこのスイングメソッドは、少し前の主流のような気がしてならないのです。

そもそも左軸スイングは、過酷なアメリカPGAツアーからはじまりました。日本より距離も条件もより一層タフなアメリカのツアーでは、飛距離を若干落としてもフェアウェイキープしたほうが成績につながるという考えから生まれています。
ところが、この考え方の危険性は体力をつける必要があることと、ダウンブローすぎるということです。150ヤード以内のショットであればそれほど問題ないかもしれませんが、ロングアイアン、ユーティリティ、ウッド系は少しでも飛距離と高さを求めたくなります。
そこで、クラブの番手に左右されない右軸の考え方です。ここで問題なのは右軸で、どうやって地面からのパワーを受け取るかということです。
左軸のように右膝を伸ばせば、体が伸び、手元も浮いたスイングになってしまい、ミスを連発することでしょう。左軸の時の壁の役割と同じように、地面からのパワーを”回転力”につなげたいのです。

そこでなお吉は、右軸のまま右太ももだけを回転させるイメージはどうだろうかと考えたわけです。この時、右足の踵で上に蹴り上げたり、腰を回したり、左足を踏み込むイメージはゼロです。
ただただ、右太ももを回転させるだけです。ただ、物理的には太ももだけが回転するわけがないので、あくまでもイメージですよ。

さらに具体的なイメージをお伝えするならば、アドレスでは体重を、右55:左45ぐらいにします。その体重のままスイングをしはじめ、ダウンスイングでは左足はアドレスのままで、右足は回転させながら太ももの右横の位置でインパクトしている感じです。
ただし、右腰横というイメージはやりすぎです。これでは腰の開いたインパクトになってしまうので、あくまでも右太ももの右側でインパクトを迎えるイメージだけにしてください。
このイメージでスイングした場合でも、まわりから見たスイングは普段のスイングと何も変わらないように見えるでしょう。
でも、頭の中のイメージを変えるだけでボールの飛び方は劇的に変わってきます。
これがゴルフの面白さです。

さて、この打ち方はまだまだ研究中なので、今回でひとまず一区切りにしますが、3ヶ月ぐらい続けたのちに、またご報告させていただきます。


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

フォロースルー

フォローするぅ?

【フォローは人のためならず】 やり直し重要度 5★★★★★ 「ラグビーとゴルフの不思議な

記事を読む

切り返し~ダウンスイングの体重の乗せ方

【力強い球筋にする方法】 やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。

記事を読む

つま先上がりからのボールの球筋①

【絶対覚えて置かなければいけないこと】 やり直し重要度3★★★ 今回は「つま

記事を読む

韓国出身プロが活躍する理由

【ゴルフメソッドが違うのか?】 やり直し重要度3★★★ どーも、なお吉です。

記事を読む

背中で飛ばす

【肩の回転がわかりづらい人のために】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉

記事を読む

ヒールは上げるべきか、ベタ足か。

【ヒールアップをすると飛ばなくなる!?】 やり直し重要度3★★★ バックスイング

記事を読む

簡単にヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばす方法

【『目』からウロコのお話】 やり直し重要度3★★★ ゴルフは一生続けられるスポー

記事を読む

つま先上がりからの打ち方②

【重心の位置が重要】 やり直し重要度3★★★ つま先上がりからのボールの球筋①で

記事を読む

スライス防止の”左の壁”

【飛距離アップにも欠かせない】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉です。

記事を読む

左足下がりの練習のやり方②

【練習場でできること】 やり直し重要度4★★★★ 左足下がりからのボールの球

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑