*

なお吉コラム 自分の悪いクセ【100切りを目指す方必見!】

公開日: : なお吉コラム

今回は100を切れないと悩んでいるゴルファーの方に、まず試して欲しいことを中心にお届けしたいと思います。
これは会社の100を切れない同僚から相談を受けたことがきっかけでした。

この同僚と練習場にいってスイングを見てみましたが、飛距離はまあまあですが、右に飛び出してからさらに右に曲がるボールが多く、アイアンはダフったりトップしたり重症です。
ナイスショットは全体の1割程度で練習場でこの確率ならば本番ではそれ以下になることは間違いありません。

彼自身の中ではいろいろ打ち方を変えているみたいですが、その内容は「もうちょっとだけ手の返しを早くしてみよう」とか「体の回転をもう少し早く」とか、フィーリングにたよったものばかりです。
そして「どうやったら真っすぐ飛ばせるようになるの?」と、いきなり難度の高い質問をしてきたわけです。

この質問は、プロゴルファーだって願っていること。そんなことがすぐに可能ならばゴルファー全員がプロになれます。
しかし、練習の仕方によっては上達のスピードをグッと早めることが可能です。練習は”量”よりも”質”。

ゴルフの上達のポイントは、自分の悪い癖を改善してどれだけ減らせるかにあります。
練習場に足を運んでただ闇雲にボールを打つだけでは、現状維持はできてもハンデを縮めるには長期間かかってしまいます。
つまり、正しく自分の悪癖を知る必要があるんですね。

ゴルフのスコアに関するデータを調べると、シングルプレーヤーの割合は全ゴルファーの「5~7%」、スコア100を切れないゴルファーの割合はなんと「7割」、100を切れた平均経験年数はゴルフデビューから「約4年」となっています。
この結果を見ると”やっぱりゴルフって難しいんだ”と思うかもしれませんが、なお吉はそうではないと思っています。

最近仕事が忙しい私でも、最低1週間に1度は練習場に顔を出すようにしていますが、そこで練習をしている人を見ていると、ただボールを「遠くへまっすぐ飛ばそう」としている人をかなり見かけます。
しかし、コンスタントにこれを実現している人たちはおそらくローハンデの人たちなので、自分の欠点を知っています。
だから思い通りの球筋が出ない場合は自分なりの練習をしています。

しかし、そうでない方は仮にボールが真っすぐ飛んだ場合があっても「今のはナゼ真っすぐ飛んだのか?」がわかっていません。
長所も欠点もわかっていない、また、見つけようとしていないので、上達に時間がかかってしまうんですね。

そこで、まず最初にしなければいけないのは、自分のスイングのタイプを知ることです。
スイングのタイプは一度ビデオにとって教えてくれるようなスクールを訪れるのが一番早いのですが、ゴルフ用具量販店でドライバーやアイアンの試打などをすれば、ある程度のスイングの癖は店員の方が教えてくれます。

店員さんもゴルフ好きの方や元大学のゴルフ部という方も大勢いらっしゃいますので、おおきく間違ったことは言いません。また、クラブヘッドがボールにどのようにコンタクトしているかの高速写真も見せてくれます。

こういったマシンを利用したことのある人ならばお分かりだと思いますが、1球1球スイングが変わるということはありません。大抵は同じ傾向のスイングばかりです。
だからミスショットもその人なりの特徴がでています。実験してみるとわかりますが、インサイドアウトの軌道でミスショットをする傾向のある人が、必要以上にアウトサイドインの軌道にしようと試みても、意外とおおきくは変わらないものです。

これは、その場の小手先で変えようとしていただけで、根本的に”正しい体の動き”を治したわけではないのでミスショットが減らないんですね。
つまり、この小手先での調整を、練習場でも本番でも行っているので、上達が遅いというのがおわかりいただけたのではないでしょうか?

100を切れない人は「自分にはセンスがない」「上手い人はいっぱい練習時間のある人だ」と思っている人が多いのですが、あなたは自分の悪い癖を勘違いしているだけなのですね。
だから、100を切れない方が先ずしなければいけないことは、自分の悪い癖を見つけることが先決です。

最新のクラブを試打しにいって、「今のクラブより飛ぶなぁ」なんて飛距離に惚れぼれする前に、クラブの入り方、クラブフェースの向き、ボールの回転、ボールの方向性をしっかり確認してきましょう。
また、自分のクセを店員さんに指摘してもらいましょう。あとは、この悪いクセを焦らずじっくり治すように取り組むだけ。
ある日、突然スコアが急に縮まります。それは、あなたのスイングが正しい方向に固まってきたからです。

そうなったら、もうこっちのもの!
80台、70台だって手が届くようになります!!


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

なお吉コラム【軸について考察中(ゴルフスイングは右軸?)】

どーも、なお吉です。 記事の更新が少し遅れたのは、”軸”についていろいろ模索中だからで

記事を読む

なお吉コラム 日本のゴルフコース【海外と日本の違い】

どーも、なお吉です。 突然ですが、私個人としては「距離があって、ラフが深くて、グリーン

記事を読む

なお吉コラム 【右軸の考察(右軸スイングを実践)】

どーも、なお吉です。 前回は最近のゴルフスイング理論が右軸に進化しているような気がして実験

記事を読む

なお吉コラム【タイガー・ウッズ 本格復帰!】

男子ゴルフで通算14回のメジャー優勝を誇るスーパースター、タイガー・ウッズ。 なお吉にとっ

記事を読む

なお吉コラム 2018男子・女子プロゴルフ【今年は盛り上がることに期待】

年々試合数も減少傾向にあり、人気の低迷が懸念されている男子プロゴルフツアーが始まります。やは

記事を読む

なお吉コラム【練習量とボール数との関係】

気がつくと最近では打ち放題の練習場が増えました。 しかし、これがくせ者。大抵、○時間で

記事を読む

なお吉コラム「飛距離と腕力」

【飛距離に腕力は必要ない】 私がゴルフを始めた頃は、男子プロのクラブセッティングや力強いス

記事を読む

なお吉コラム 松山英樹プロが「フェニックス・オープン」を棄権

松山英樹が3連覇の偉業がかかったアメリカ男子プロツアーの第13戦「フェニックス・オープン」を棄権した

記事を読む

なお吉コラム【石川遼プロのプレスイング】

いよいよ始まった男子プロトーナメント。 今年の話題はやはり、石川遼プロの日本ツアー復帰

記事を読む

なお吉コラム【ゴルフ練習場に歌舞伎役者がいた!?】

練習場に歌舞伎役者がいた!? なお吉は土・日が休日なので、土曜日の午前に練習することが多い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑