*

なお吉コラム 日本のゴルフコース【海外と日本の違い】

公開日: : なお吉コラム

どーも、なお吉です。

突然ですが、私個人としては「距離があって、ラフが深くて、グリーンが難しくて…」つまり、コースレートが高い=難易度の高いコースが好きです。好きなだけで得意ではありませんよ。
やはりこういったコースでプレーすると普段まわっているようなコースのスコアは出にくくなります。ただ、自虐的な私は「だから面白いんだよ」と考えているわけです。

例えば私が今までまわったコースの中では、三井住友VISA太平洋マスターズが開催される「太平洋クラブ御殿場コース」、かつてはダンロップオープンをはじめとした数々のトーナメントや競技が行われ、今年もワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップが開催される「茨城ゴルフ倶楽部」の二つが印象的に残っています。
この二つは両方とも距離もありますが、比較的まっすぐなホールが多かったと記憶しています。しかし、一度林の中にいれるとナゼか横には出せるけどピン方向は狙えない。つまり、ナイスショットにはご褒美があるものの、それ以外には確実にペナルティが与えられる造りになっています。

ただし真っ直ぐ飛ばすだけではダメで、ある程度ドライバーで飛距離が出なければいけません。
普段は75~80ぐらいでプレーしているなお吉ですが、2つのコースで一番良かったのは、茨城ゴルフ倶楽部での83が最高だったと記憶しています。(ただし、ご年配の会員様に連れて行っていただいたのでレギュラーティからのプレーです。バックティーだったら・・・)

このたび「太平洋クラブ御殿場コース」は、世界的な設計家であるリース・ジョーンズ氏と、監修に松山英樹プロを迎え、美しい原設計を最大限に活かしつつ、これからのゴルフシーンを牽引する国際水準のトーナメントコースへと生まれ変わるためのコース改修が発表されました。どんなコースに生まれ変わるのかが楽しみなのですが、できれば今まで以上に思いっきりタフなコースに改修してほしいです。なぜならば、仕事でもポジションが人を育てると言った言葉があるように、タフなゴルフコースこそプロゴルファーのレベルアップに繋がると思うからです。

日本人プロゴルファーが海外で好成績を残せるようになるためには、日本国内だけでなく世界に視点を向けるべきではないでしょうか。海外ではコースの難易度が高いだけでなく、芝の違いや、コンクリートのように硬い土であったり、はたまたアイアンにこびりつくような粘土質だったりと、多種多様な打ち方と技が必要といわれています。加えて、トーナメントの移動時間や環境が大幅に変わるわけですから、私達アマチュアからは想像できないほど、プロにとってはキツイ戦いなのではないでしょうか。

例えば、プロゴルファーなら誰もが憧れるオーガスタナショナルゴルフクラブは、今さらここで紹介の必要もないくらい難コースです。2017のマスターズは、スペインのセルヒオ・ガルシアがイングランドのジャスティン・ローズをプレーオフでくだし、メジャー挑戦74試合目”!にして初めて栄光を勝ち取りました。スコアは9アンダー。・・・ということは、世界のトップの技術を持ってしても一日平均2アンダー強でしか回れないということです。

また、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブは一般のアマチュアがプレーすることはこちらも難易度が高いですが、アメリカのPGAツアーの開催会場を見ていると、TPC〇〇というゴルフ場をよく見かけます。


TPCというのは“トーナメント・プレーヤーズ・クラブ”の略称で、PGAツアーが運営しているゴルフ場です。TPCは15のパブリックコースと、18のプライベートコースがあり、これらのゴルフ場はすべてトーナメント開催を前提として設計されているんですね。しかも、総距離や難易度もそうですが、ギャラリーの観戦のしやすさ、広大な駐車場なども考慮されているわけです。つまり、アマチュアが難コースを回れるチャンスがぐっと近くなるわけです。

かなり前置きが長くなりましたが、このコラムでなお吉がなにが言いたいかというと、こういったコースを回ったアマチュアがプロがプレーしているコースの難しさを知ることができ、プロの飛距離も含めて技の凄さを思い知ることができます。くわえて、プロゴルファーの質の向上にもつながると思います。
自分がまわったコースで行われたトーナメントをテレビ観戦したときに、「えっ、あのコースであそこまで飛ぶの?」「ロングホールでは男子プロって2オンしちゃうんだぁ」「レギュラーティでも難しいのに、バックティ・・・」と、アマチュアながらに思うことがあると思います。そうすれば、ゴルフがもっと身近になり、スポーツとしての楽しみ方がもっとふえ、ゴルフ人気も復活するのではないかと思うからです。

サッカーや野球にくわえバスケットボール、また、新たに卓球もプロ化することが決まり、参加人口を底上げしようとしています。女子のカーリングが平昌オリンピックで活躍できたのも、施設を充実させて練習環境ができたためです。その同じ施設で、はじめたばかりの子どもがプレーしています。
「誰でも学校や会社帰りに気軽にプレーできて、しかもタフ」なんてコースが日本でもできないかなぁ…


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

なお吉コラム 自分の悪いクセ【100切りを目指す方必見!】

今回は100を切れないと悩んでいるゴルファーの方に、まず試して欲しいことを中心にお届けし

記事を読む

なお吉コラム【タイガー・ウッズ 本格復帰!】

男子ゴルフで通算14回のメジャー優勝を誇るスーパースター、タイガー・ウッズ。 なお吉にとっ

記事を読む

なお吉コラム 「ゴルフ人気よ再び!」

青木功、ジャンボ尾崎、中島常男の名前を聞いて”AON”と思いだされる方は50歳以上の方になる

記事を読む

なお吉コラム【ゴルフ練習場に歌舞伎役者がいた!?】

練習場に歌舞伎役者がいた!? なお吉は土・日が休日なので、土曜日の午前に練習することが多い

記事を読む

なお吉コラム「飛距離と腕力」

【飛距離に腕力は必要ない】 私がゴルフを始めた頃は、男子プロのクラブセッティングや力強いス

記事を読む

なお吉コラム 2018男子・女子プロゴルフ【今年は盛り上がることに期待】

年々試合数も減少傾向にあり、人気の低迷が懸念されている男子プロゴルフツアーが始まります。やは

記事を読む

なお吉コラム【軸について考察中(ゴルフスイングは右軸?)】

どーも、なお吉です。 記事の更新が少し遅れたのは、”軸”についていろいろ模索中だからで

記事を読む

なお吉コラム【石川遼プロのプレスイング】

いよいよ始まった男子プロトーナメント。 今年の話題はやはり、石川遼プロの日本ツアー復帰

記事を読む

なお吉コラム 【右軸の考察(右軸スイングを実践)】

どーも、なお吉です。 前回は最近のゴルフスイング理論が右軸に進化しているような気がして実験

記事を読む

なお吉コラム 松山英樹プロが「フェニックス・オープン」を棄権

松山英樹が3連覇の偉業がかかったアメリカ男子プロツアーの第13戦「フェニックス・オープン」を棄権した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑