*

絶対!100を切るアプローチ

【クラブは1本、打ち方も1つ】

やり直し重要度4★★★★

どーも、なお吉です。今日は、「絶対!100を切るアプローチ」を考えたいと思います。

まず、打ち方の説明の前に、もっとゴルフを気楽に考えてみましょう。
そこで、400ヤードパー4という、アマチュアにとっては少し難しいミドルホールをイメージしてみましょう。

まず1打目は「飛ばなくても、そこそこフェアウェイ近辺に」と考えて、200ヤードぐらい飛ばしたとします。
「えっ、200ヤードも?」と思った人は、まだ力のいれすぎです。
今のクラブは、ヘッドスピードがそれほど速くなくても、正しくクラブフェースが当たれば、それくらいボールは飛びます。

それよりも、力を入れすぎてスイートスポットを外したり、こすったりするから飛ばないのです。
とにかく”気楽に”は大切な言葉なんです。

2打目はグリーンまで200ヤードあります。
フェアウェイウッドやユーティリティを選択することになり、「パーオンしてやるぞ」と気合を入れたくなるところですが、これも軽く打って160ヤードぐらい飛ばしたとします。残りは40ヤードです。

ここからが問題です。

うまく2パット圏内によせてカップインすればボギーです。
もし、うまく1パットだったら、なんとパーです。

もしこの調子でラウンドしたならば、100切りどころか90で回れることになります。
こんなにうまくいくことはめったにないかもしれませんが、実は、100を切るためには、1打目や2打目よりも、3打目や4打目、そしてパターが重要だということがお分かりいただけると思います。

そこで、今回の「絶対!100を切るアプローチ」ということになるのですが、アプローチで使用するクラブは、たいていの場合、ピッチング、アプローチ、サンドと3つだと思ってますよね?
アプローチショットを成功させるためには、この3つを距離によって使い分ける必要があり、いろいろな打ち方をしなければいけないと考えがちです。

しかし、100を切るためのゴルフの場合は、多くの打ち方は必要ありません。
というか、ひとつで十分です。

まず、使用するクラブはアプローチウェッジ1本です。
なぜならば、ピッチングだと飛びすぎてしまうし、サンドウェッジはクラブの形状や季節によっては、神経質に扱わなくていけないクラブだからです。

最近活躍している女子プロでもこの打ち方をしている人が多いと聞きますのでオススメの打ち方です。

では、アプローチウェッジだけで寄せるためにはどうしたらいいのでしょうか?

【ここからが大事】

打ち方は、ほぼパターと同じです。コックだとか鋭角にいれるとか、余計なことを考えず、振り幅だけで距離感をだしましょう。

そして、最初は通常のロフト角で、自分の振り幅分だけの距離感を確認してください。
ほぼ、腰や胸の高さまでを把握すればOKです。

つぎに、フェースを開いて打ちましょう。この時、通常よりも少しだけ構え方が変わります。
構え方だけで、打ち方はパターの延長ですよ。

1つめはボールの位置で、通常よりも左にボールを置いてフェースを開きます。
グリップの位置は今までと同じです。
つまり、上から見るとフェースだけが左にあって、フェースが20~30度開いて見えると思います。

2つめは、フェースを斜めに使うというイメージです。ボールが斜めに駆け上がる感じですね。
この打ち方でダフるという人は、ボールをあげようとしていたり、フェースを斜めに使うイメージができていない人です。

フェースを開くというと、右に飛び出すのではないかと思う人もいますが、実際にはフェースを斜めに使っているだけなので、おおきく右に飛び出すことはありません。それよりも、ダフったり、トップしたり、大幅に距離感が違う方が問題です。
ボールを2~3ピン以内に止めれるように、距離感を磨きましょう。

【このページのポイント】

①アプローチウエッジをもち、スタンスはこぶし2~3個入る程度の狭めのスタンスで構える
②打ち方は、パターの延長で振り幅だけを考え、腰ぐらいまでの高さの飛距離を調べる
③次にボールを左つま先あたりに置く。グリップの位置はそのままで、クラブフェースだけをボールの位置においてフェースを開く。打ち方はさきほどと同じ要領です
④通常よりもボールの高さがどれくらい高くなるか、また、どれくらい飛ばなくなるかを覚える
⑤30ヤードぐらいの距離を、ふたつの打ち方を使って打ち分けられるようにして、これを基準に考える


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

アプローチショット①~距離感

【距離感をどう掴むか】 やり直し重要度4★★★★ アマチュアの場合、ハンディキャ

記事を読む

アプローチ

私がいきなり80を切れた方法

カッコつけてる場合じゃなかったんだ。 やり直し重要度5 ★★★★★ 【全てはパターの延長

記事を読む

今すぐスコアアップするなら「●●」は狙わない。

【ピンはデッドに狙わない!?】 やり直し重要度3★★★ Golf ball on gr

記事を読む

残り「50ヤード」を確実に乗せる方法

【秘密はスタンスにあった!?】 やり直し重要度5★★★★★ よく肝心なアプローチ

記事を読む

100ヤード以内のミスを劇的に減らす。

【「力を抜いて柔らかく打つ」は間違い。強く打て!】 やり直し重要度5★★★★★

記事を読む

pitch

アプローチショット②~ピッチショット

【ピッチショット】 やり直し重要度5★★★★★ アプローチ①でもお話しましたが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑