*

インパクトで一番力を入れる場所

公開日: : 最終更新日:2017/08/22 アドレス, スイング , ,

【〇〇の間隔を変えない】

やり直し重要度3★★★

 

「インパクトは通過点」とは、よく目にしたり聞いたりするフレーズです。

なお吉個人の意見としては、既存のゴルフ理論は一度疑えという考えですが、通過点に関しては正解だと考えます。

ただし・・・体の軸に対しての回転力が普通の人よりも強靭な肉体や体力がある人は、ボールを飛ばすことができますが、まず一般的なアマチュアゴルファーはインパクトを意識するなというのは、かなり難題です。

そこで「インパクトは通過点」という表現を「インパクト付近で両膝の距離感を変えないように意識する。
ただし、上半身やグリッププレッシャーはアドレスの力感をキープする」に変換したいのです。

少し長ったらしい表現になりましたが、簡単に言うと”インパクト付近で両足に力を入れろ。
両腕の力を抜け”といったところでしょうか。

このことが実践できるようになると、身につくのは「回転軸のキープ(スエー防止)」と「左の壁のキープ」です。
そこで、これからなお吉流の具体的なイメージとトレーニング方法をお伝えしたいと思います。

基本的に、今までのレッスン内容を振り返る形になるのですが、少しだけおさらいです。

このトレーニングを行う時に最も大切なことは”両膝の動き”です。
このサイトでは、腰を回すという考えをすてて、両膝は前後に動かすが左右には動かさない意識をもつことで、回転力を上げることをオススメしてきました。

アドレスからトップに行くまでは左ひざがボール側に少し曲がり、右膝は少し伸びます。

【ここからが大事】

ここまでは出来るようになった人も多いのではないでしょうか。

問題は切り返し以降ですよね。
やはり、スエーしたり、伸び上がったり、上半身がかぶったり・・・これ、すべてボールを打ちに行く意識が強いからおきてしまう現象だと考えられます。

今までも、それをなくすためのトレーニング法をお伝えしてきましたが、今回のイメージは「大きな蛇口を閉めろ」です。

まず、栓がしまった状態の水道のハンドルを両膝ではさむイメージです。

トップまでは栓を4~5センチ程度緩めるイメージです。

切り返しからインパクトまではその逆をイメージしてインパクト以降は最初の締まった状態よりも、きつく水道のハンドルを締めるイメージです。

こんな風にイメージすると、両膝の間隔を保ちながらスイングできるのではないでしょうか?

今回はイメージしやすいかもしれませんが、実際には少しむずかしいと思いますので、ゆっくりやりながら少しずつ慣れてくださいね。

【このページのポイント】

①栓がしまった状態の水道のハンドルを両膝ではさむイメージでアドレスをとる。
②バックスイングからトップまでは栓を4~5センチ程度緩めるイメージで、両膝を前後に動かす
③切り返しからインパクトまではその逆をイメージする
④インパクトをむかえながら、さらに最初よりハンドルをきつく締めるイメージをもつ


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

ダウンスイングの下半身のイメージ

【ボールにパワーを伝える】 やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。 ゴルファー

記事を読む

飛距離と方向性が同時に手に入る練習法

【ミート率を上げる】 やり直し重要度5★★★★★ アマチュアゴルファーでもプロゴ

記事を読む

腰を回せ

日本だけで主流の妄想「腰を回せ!」

【最初に教えられる真っ赤なウソ】 「回さないで耐える」やり直し重要度 5 ★★★★★

記事を読む

つかまったボールを打つ方法

【分厚い当たりで飛距離アップ】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉です。

記事を読む

どんなライからもナイスショットを生み出す心得

【まずはイメージだけで上達しよう】 やり直し重要度4★★★★ 大自然の中で気の合

記事を読む

一石二鳥のイメージトレーニング術

【飛距離と方向性を同時に手に入れる】 やり直し重要度4★★★★ 少し前からレ

記事を読む

残り「50ヤード」を確実に乗せる方法

【秘密はスタンスにあった!?】 やり直し重要度5★★★★★ よく肝心なアプローチ

記事を読む

正しいテークバックは、ここから始める

【この動作ですべてが決まる!】 やり直し重要度4★★★★ アドレスからいよいよスイン

記事を読む

簡単にヘッドスピードをあげるイメトレ

【フォロースイングが大事なんです】 やり直し重要度3★★★ 当サイトではゴル

記事を読む

完璧!距離打ち分け法

【覚えることは一つだけ】 やり直し重要度4★★★★ アプローチの距離の打ち分け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑