*

素振りでシングルを目指す!

【スイング作りはボールなしで!】

やり直し重要度4★★★★

スイングを作っていくということは、自分の型を作るということです。

型を作るにはシャドースイングが一番の近道です。
シャドースイングをすることによって、体の大きな筋肉がその動きを記憶していき、大きく崩れることがなくなります。

だから、駅のホームなどでの何気なくしてしまうスイングは、実はあまり良くないのです。
あなたの悪いクセまでも筋肉に覚え込ませてしまっている可能性があるからです。

素振りを行う際は、細かな部分にまでチェック機能を働かせて”真剣”にやる必要があるんです。
細かな部分というのは、おもに自分の悪いクセが出ないようにするということです。

例えばなお吉の場合は、バックスイングで左サイドが起き上がらないように注意しています。
左サイドが起き上がってしまう原因は、ゴルフを始めた頃に「肩を水平に回す」という理論を間違って解釈し、体を前傾していることを忘れて、直立状態での水平運動をイメージしたため、左肩が起き上がるクセがついてしまったのです。

またダウンスイングでは、インサイドからクラブが入りすぎないように注意します。
インサイドからクラブが入りすぎてしまう原因は、これもゴルフを始めた頃に「体重移動」を意識しすぎたばかりに、左足を踏み込んでいるつもりが左へのスエーを生んでしまい、結果的にクラブヘッドは背中側に垂れ下がってしまっていたのです。

この現象はゴルフ雑誌では、「クラブが寝る」と表現されている現象です。

左へのスエーは、いくつもの問題点を引き起こします。
クラブヘッドが寝ておりてくるために、ゴルフスイング的には、振り遅れが生まれます。

振り遅れるとクラブフェースは開いて入ってきます。
開いて入ってきたクラブフェースを閉じようと、今度は手首を急激に返す必要が出てきます。

ある程度ゴルフをしたことがある人ならばイメージできると思うのですが、アドレスの位置にクラブヘッドが戻らないことを無意識にわかっているので、体が伸び上がったり、右腰が前にでたりと、考えられる悪いスイングがいろいろと起きます。
その結果、ダフリ、トップ、スライス、フック・・・いろんな球が出るようになり、スコアがまとまらなくなるのです。

では正しい素振りを覚えるためには、これらの事が起きないように、いろんなことを考えなければいけないのでしょうか。
そうではありません。

これらの悪いクセを、たった一つのことに意識するだけで、治せる方をがあるのです。
ただし、たった一つの方法が人によってさまざまなので、そのヒントになるようにこのサイトを通じてお伝えしているわけです。

【ここから大事】

「連続素振りで型を作ろう!」

実は今回お伝えしているなお吉の悪いクセは、アマチュアゴルファーの多くが抱えている問題だと思います。
そこで、普段なお吉が行っているシャドースイングをお伝えします。

やり方は3つに分けます。

1つ目はクラブを持たないで、両腕を胸の前でクロスさせて押し付けます。

次に、股関節の位置がちょうどいい高さになるような机のふちに下半身を押し付け、前傾します。
そのまま、机の上に置いてあるボールと目の距離感が変わらないようにして、体をねじり上げ、再び元に戻します。

この時にお腹周りの筋肉を意識して、うまく捻転するように注意します。

2つ目はこの動きをマスターしてからクラブを握り、同じことができるように再現します。

このときは、腕やクラブは一切意識しません。つまり”前傾と軸を守る”ことを一番に考えるわけです。

3つ目は、前傾と軸を守りながら連続素振りをします。

連続素振りではフィニッシュから戻す動きをチェックしましょう。
フィニッシュで止まらずに逆再生のように体を動かします。
正しくスイングできていればスムーズに戻れ、うまく体を使えていないと逆再生がぎこちなくなります。

今まで一生懸命にスイングしているのに、イマイチ飛距離が伸びないという方は、軸がぶれているために効果的にボールにクラブヘッドをぶつけていない可能性があります。
軸を守りながらの連続素振りは、10~20回行うだけでも、うっすら汗をかくほどきつく感じるかもしれません。

もしそうならば逆にラッキーなのです。
あなたが軸を守れるようになれば、確実に飛距離が伸びます。
ぜひ一度試してみてくださいね。スイングチェックには非常に有効です。

【このページのポイント】

①クラブを持たないで、両腕を胸の前でクロスさせる。股関節を机のふちに押し付け前傾し、机の上に置いてあるボールと目の距離感が変わらないようにして、体をねじり上げ、再び元に戻す。
②クラブを握り、同じことができるようにスイングする。このときは、腕やクラブは一切意識しない。”前傾と軸を守る”ことを一番に考える。
③前傾と軸を守りながら連続素振りをする。地面にボールがある場合は、目とボールの距離感が前後左右に動かないように注意する。


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

なお吉コラム【練習量とボール数との関係】

気がつくと最近では打ち放題の練習場が増えました。 しかし、これがくせ者。大抵、○時間で

記事を読む

「左足下がり」からボールを打つ心得①

【絶対覚えて置かなければいけない「理屈」】 やり直し重要度3★★★ 御存知の通り

記事を読む

「スライス」はイメージだけですっきり直ります!

【インパクトのイメージを変えてみよう】 やり直し重要度4★★★★ ご存知ですか?

記事を読む

飛距離と方向性が同時に手に入る練習法

【ミート率を上げる】 やり直し重要度5★★★★★ アマチュアゴルファーでもプロゴ

記事を読む

頭は残せは間違い!?

【ポイントは音!】 やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。 2回にわたってMr

記事を読む

背中で飛ばす

【肩の回転がわかりづらい人のために】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉

記事を読む

スイング軸は1本じゃない!?

【ご質問をいただきました】 やり直し重要度3★★★ どーも、なお吉です。 今回

記事を読む

箸の持ち方

いわば、「正しいお箸の持ち方」です。

【手首のコックって?】 やり直し重要度 2★★ 「知識としては必要だが・・・」

記事を読む

発想を変えるだけで上達する方法

【飛ばしちゃいけない!?】 やり直し重要度5★★★★★ 「マン振り」「今日イチ」

記事を読む

スイング体重移動は間違い

「○○○○はするの?しないの?」

  【その教えは、即!ゴミ箱へ移動】 「○○○○はするの?しないの?」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑