*

100ヤード以内のミスを劇的に減らす。

【「力を抜いて柔らかく打つ」は間違い。強く打て!】

やり直し重要度5★★★★★

あなたは100ヤード以内のショットでダフリやトップのミスを連発することはありませんか?

おそらく、使うクラブはピッチングウェッジ以下になると思います。
たとえば、残り80ヤードをピッチングウェッジを持ってダフり、15ヤードしか飛ばなかったり、残り20ヤードをサンドウェッジでトップしてグリーンをオーバーし、同じミスを繰り返してグリーンをいったりきたり・・・。
思い出すだけでも、うっすら手に汗握ります。

では、なぜこれらのクラブを持ってミスを連発してしまうのでしょうか?

その原因のひとつが、スイングの大きさです。
アマチュアの多くが、スイングの大きさを変えることができていません。

たとえば、ピッチングウェッジで100ヤード飛ぶ人が、残り80ヤードを打つとします。
本来ならば、8割のスイングの大きさで打てればいいのですが、フルスイングの大きさしかわかっていないため「フルショットより少しだけ力を抜けばいいな」と考えます。

すると”緩んだスイング”となって、クラブヘッドが暴れるのです。
その結果、アドレスの位置にクラブが戻ってこなくて、いろいろなミスショットを生んでしまうんですね。

では、どうしたらいいのでしょうか?
そのためには、まずハーフショットを覚えましょう。
再びピッチングウェッジのフルショットが100ヤードの場合を考えてみましょう。

フルショットは当然のことながらいつもどおりの力のこもったショットはできます。
次に、50ヤード飛ぶバックスイングの位置を探してください。
理論的にはハーフスイングになるはずです。

このふたつを思い通りに打ち分けることができれば、たったひとつのクラブで2つの距離を打ち分けることができます。
また、最近のクラブセッティングを考えるとピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジと3本入っているケースが多いので、スイングの大きさで距離を打ち分けるようになれるだけで、合計で6種類の距離を打ち分けることが出来ることになります。

簡単でしょ?

【ここからが大事】

ところが、実際はわかっていてもこう上手くはいかないんですよね。
それは、”飛びすぎる”ということが脳裏を走って、手加減してしまうためです。

だから、100ヤード以内のショットは強く打ってください。ハーフスイングをする場合でも、スイングが小さいだけで、グリップする力やスイングの速さは同じスピードで打ってほしいのです。

「力を抜いて柔らかく打つ」は間違った理論です。
全部忘れて、しっかり打ってください。
つまり、しっかり打っても50ヤードしか飛ばないバックスイングの位置を探してほしいのです。

この時のコツは、フルスイングよりも少しだけ手首を固めて打ってみましょう。
緩みやすいハーフショットもこれで少し解決されます。

さらに、フィニッシュはバックスイングと同じ振り幅で止めてください。
あなたのスイングを前から見れば、左右対称の振り幅になるようにしてください。

たった6種類の距離感ですが、ショートゲームに自信が持てるようになると、ほかのショットもリラックスして打てるようになり、あなたのゴルフが2ランクアップします。100ヤード以内のショットは”しっかり打つ”ですよ!

【このページのポイント】

①ピッチングウェッジでフルショットして、自分の距離をしっかり覚える。
②そのおよそ半分の距離を、しっかり打ちながらも半分しか飛ばないスイングの大きさを覚える
③この時、手首は少し固め、左右対称の振り幅になるように心がける。緩んだスイングに感じた場合は、無意識でスイングが大きくなっています。常に、しっかり打ちましょう!


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

絶対!100を切るアプローチ

【クラブは1本、打ち方も1つ】 やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。今

記事を読む

アプローチ

私がいきなり80を切れた方法

カッコつけてる場合じゃなかったんだ。 やり直し重要度5 ★★★★★ 【全てはパターの延長

記事を読む

残り「50ヤード」を確実に乗せる方法

【秘密はスタンスにあった!?】 やり直し重要度5★★★★★ よく肝心なアプローチ

記事を読む

pitch

アプローチショット②~ピッチショット

【ピッチショット】 やり直し重要度5★★★★★ アプローチ①でもお話しましたが、

記事を読む

アプローチショット①~距離感

【距離感をどう掴むか】 やり直し重要度4★★★★ アマチュアの場合、ハンディキャ

記事を読む

今すぐスコアアップするなら「●●」は狙わない。

【ピンはデッドに狙わない!?】 やり直し重要度3★★★ Golf ball on gr

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑