*

パターの方向性を劇的によくする方法

【○○を動かさない】

やり直し重要度4★★★★

プロの間では、「パットイズマネー」といわれるように、パターの1打が賞金額が大きく変えることで重要視されています。
賞金がかかっていない私たちも同じで、スコアを簡単に縮めるためには、パッティングを見直すことが一番近道なのかもしれません。

パッティングは方向性と距離感の二つがそろうことが大事なのですが、今回は方向性についてです。

パッティングで犯しやすいミスはプッシュアウトと引っかけです。
プッシュアウトはフェースが開いて右に押し出してしまうことで、引っかけはフェースがかぶってボールを左に打ってしまうことです。

こうなってしまう原因はいくつも考えられますが、本番でミスを犯さないための即効性のある方法をご紹介したいと思います。

あなたは、自宅での練習や本番前の練習グリーンではわりとうまく打てているのに、本番になると途端にうまくいかないなんてことはありませんか?
なぜ、本番になるとなぜうまくいかなくなるのでしょうか?
それはズバリ!「結果を気にしすぎるから」です。ボールが入るかどうかが気になって、体が動いているからなんですね。

プッシュアウトの場合は、顔を早くおこしたため体が起き上がり、そのためにフェースが開いてインパクトをむかえ、イメージしていたよりもボールが右に飛び出します。
また、引っかけは顔を目標方向に動かしたために、体全体が左を向いてカップよりボールが左に行ってしまうのが主な原因と考えられます。

このようなミスを犯さないように、一番気をつけなければいけない事は、「ボールをインパクトしても1秒ぐらいは頭を動かさない」です。
この方法も様々な媒体で紹介されていますので、ご存知の方も多いと思います。

でも、本番ではついつい忘れてしまうんですよね。

【ここからが大事】

そこで、なお吉流方向性が格段とよくなる即効くパッティングのご紹介です。

顔を動かさないより重要なのは、「右ひざと右腰を固めろ」です。この二つをビクとも動かさないと心がけると、顔の動きも少なくできるんです。
するとフェースの向きをアドレスと同じ位置に戻しやすくなり、方向性が安定するんです。

もしこの方法で、右サイドに意識が行き過ぎると思う方は、「両ひざを決して動かさない」でもいいと思います。
両ひざに意識を持つと自然と両足首を固めることにもなり、土台が安定しますので、同じ効果が期待できます。

3パットを何回も重ねてスコアを損してしまわないように、方向性を安定させたい方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

【このページのポイント】

①パッティングのアドレスをとります。
②いつも通りのパッティングストロークをおこないます。
③右ひざと右腰を絶対動かさない意識でストロークしなおします。
④体が動かずストロークできることを体感します。この時、頭も動かさないように意識できるようになるとベターです。


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

パットで損をしていませんか?

【固定観念は一度リセット】 やり直し重要度★1 ご存知のように、パッティングとい

記事を読む

パッティング(ショ-トパット)のコツ

【ショ-トパットの苦手克服法】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉です。この前ゴ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑