*

つま先下がりからのボールの球筋

【絶対覚えて置かなければいけないこと】

やり直し重要度4★★★★

tsumasakisagari

今回は「つま先下がり」からのショットです。

以前「つま先上がり」からのショットをご紹介しましたが、今回はその逆でつま先側が下がっていて、足の位置よりボールのほうが下にあるライのことです。
この状況では球筋はスライスになり、飛距離も出なくなります。

そのため、1~2番手大きめのクラブを選択するようにしましょう。

また、アドレスをとる時にいくつかの注意点があります。
まず、つま先上がりとは逆に体とボールの距離が遠くなるので、クラブは普通に持ち、広めのスタンスをとり、ひざを深めに折り、前傾角度を普段より強めます。

そして普段のアドレスよりボールに近づいて構えます。ショットの時の注意点は、トップしやすいということです。
これはインパクトで伸び上がることが原因です。アドレスを左足下がり用に構えても、インパクトで伸び上がったりして思ったようなボールがでなかったことはありませんか?

そのようなミスをしないためにはどのような対策をとればいいのでしょうか?

【ここからが重要】

breathout

まず、いつもより縦振りのスイングを意識しましょう。
左足下がりが強い場合は、手打ちに近いイメージなる場合もあります。

そしていちばん重要なのは、これからショットをするという時に大きく息を吐いて、リラックスしてください。

むずかしい状況になると、人間は自然と緊張します。
すると筋肉が固くなるので、体が回りづらくなります。
そういった時にバックスイングを行うと、体を自然に回すことができなくなるので、伸び上がりながらトップを迎えます。

さらに、飛距離がかせぎたい欲求で、インパクトではさらに伸び上がるのです。
その結果、ボールの頭を叩いたり、空振りをすることもあるんですね。

だから、バックスイングで少しでもスムーズな動きをとれる対策をとることが、大きなミスを生まないために必要なんです。
トラブルショットの中でも、つま先下がりの難しさはトップクラスです。

空振りや大トップなど、致命的なミスにつながりやすいので、コンパクトなスイングで正確に当てることを最大の目的にして、次のショットが打ちやすくなるところまではこぶことを心がけてくださいね。

yjimage

【このページのポイント】

①アドレスはスタンスを広めに取り、膝を曲げ、前傾角度を深めにする
②クラブは1~2番手大きめをチョイスする
③ボールには普段より近づいて構える
④インパクトを終えるまでは伸び上がらないように注意する。そのために膝の高さを変えない意識をもつ
⑤少しでも筋肉をスムーズに動かすため、ショットの前は大きく息を吐いてリラックスする


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

正しいテークバックは、ここから始める

【この動作ですべてが決まる!】 やり直し重要度4★★★★ アドレスからいよいよスイン

記事を読む

すべてはここから!アドレスはどーです!?

【これが出来ていないと”飛ばない””曲がる”】 やり直し重要度 5 ★★★★★  「

記事を読む

ヘッドアップしないアドレス

「動かない」勇気。プリーズ・フリーズ!

【これだけでも5打は違う!】 やり直し重要度 5 ★★★★★ 「動くな!」 映画の

記事を読む

体を回せはマチガイだった!?

【テイクバックのイメージ】 やり直し重要度3★★★ どーも、なお吉です。このところ1

記事を読む

簡単にヘッドスピードをあげるイメトレ

【フォロースイングが大事なんです】 やり直し重要度3★★★ 当サイトではゴル

記事を読む

ナイスショットの作り方

【ショットの前は考えてはいけない!】 やり直し重要度5★★★★★ ゴルフの調子はいかがで

記事を読む

イメージが大切

想像するだけで、スコアが縮まる方法!?①

【想像が、とても『創造的』だという話】 やり直し重要度4 ★★★★ 「なにごともイメージ

記事を読む

クラブフェースのローテーションは、こうイメージしろ!

【ポイントは左手!】 やり直し重要度3★★★ どーも、なお吉です。 前回、前々回と2回

記事を読む

コックで飛距離はもっと伸びる!

【コックを見直してみよう】 やり直し重要度2★★ コック、またはコッキングという

記事を読む

本番直前でもOK!まっすぐ飛ばすマインドセット

脇は、ほどよい甘さがよろしいようで。 やり直し重要度5 ★★★★★  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑