*

「左足下がり」からボールを打つ心得①

【絶対覚えて置かなければいけない「理屈」】

やり直し重要度3★★★

御存知の通りラウンドするときは平らなライは、ほぼ存在しません。
それがたとえわずかであっても、練習場とはまったく違うということを理解しておく必要があります。

そして傾斜には基本的には「左足上がり」「左足下がり」「つま先上がり」「つま先下がり」の4種類があります。

その中でも今回は「左足下がり」からのショットです。

なお吉も左足下がりからのショットが一番苦手なんですが、このライからのショットを大きなミスをすることなく打つために、まず基本を抑えておきましょう。
「左足下がり」は字のごとく、左足の方が下がっている状態です。
そのためアドレスから左足に体重がかかります。

また、傾いた分だけクラブフェイスの角度が立ちます(垂直に近くなる)ので、通常よりは低く飛びます。
極端に左足下りの場合は、ピッチャー返しのようなライナー性の球筋になることもあります。

基本的な打ち方としては、「できるだけ傾斜にそって立つ」ということですが、人間は水平を保とうとしますので、どうしても体の右側が下がります。これ自体は問題ないのですが、この下がった分だけボールを右足に置かなければいけないのです。

下の図はごく簡単にその原理を表しています。
もちろん実際はもう少し違いますが、左足下がりでボールを打つ時の考え方は基本的にはこのような理由からだと思ってください。

さらに、右側にボールを置いている分だけクラブが通常よりも少し開いた状態(目標より右に向いた状態)でヒットするため、ボールは通常より右に飛び出します。

そこで、まっすぐ飛ぶように左足を少しづつ後ろに引いてクラブフェースが目標に向くようにするのです。そして、スタンスのラインに沿って振るとカット打ちになるので、スタンスラインに沿ってボールは飛び出し、スライスがかかって目標地点に落ちるのです。

【ココからが重要】

さて、基本的な原理を理解していただきましたが、これらのことよりもいちばん大事なのは、「ボールは上がらない」ということを肝に銘じるということです。

どのくらい曲がるかというのはある程度、練習や経験を必要とします。
しかし、「ボールは上がらない、ライナー性の球筋になる」というのは、すぐにできることです。

そして、丸くスイングするというより、クラブヘッドをできるだけ斜面に沿って振ることを心がけたほうが、ミスが少なくなるのです。

左足下がりからトップするミスが多く出るのは、ボールをいつものショットと同じように打とうとして、ボールを右側においていなかったり、ボールをあげようとしてボールの上面を叩くことからおきるんですね。

また、傾斜からのショットは50%ぐらいの力加減で振るようにしましょう。
これは足元や体が不安定なので、通常のスイングができないためです。

なお吉は左足下がりからのショットの場合は、まず最初に「ゴロを打つぞ」と考えます。
そして、クラブヘッドを斜面にそって長く出すイメージでショットします。
もちろん、フルショットではないのでグリップも短く握ります。

こうすることで、特別に傾斜の練習をしていなくても、大きなミスをすることがなくなり、次のショットにつなげることができるんです。

コースが「お前ならこのボールをどう打つ?」と試しているわけですから、欲をかかないで次のショットが打ちやすい場所まで運びましょう。
またその謙虚さが結果的にナイスショットになるんです。

【このページのポイント】

①左足下りの場合は「ボールは上がらない」「ボール位置は右足より」「スタンスはオープンでボールは低いライナー性のスライス」をイメージしましょう
②何よりも次のショットが打ちやすい場所に運ぶという考え方にしましょう


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

飛距離と方向性が同時に手に入る練習法

【ミート率を上げる】 やり直し重要度5★★★★★ アマチュアゴルファーでもプロゴ

記事を読む

なお吉コラム 【右軸の考察(右軸スイングを実践)】

どーも、なお吉です。 前回は最近のゴルフスイング理論が右軸に進化しているような気がして実験

記事を読む

フォロースルー

フォローするぅ?

【フォローは人のためならず】 やり直し重要度 5★★★★★ 「ラグビーとゴルフの不思議な

記事を読む

プッシュアウトは、すぐ治せる!

【フォローを意識する】 やり直し重要度4★★★★ プッシュアウトとは、ボールが目標よ

記事を読む

切り返し~ダウンスイングの体重の乗せ方

【力強い球筋にする方法】 やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。

記事を読む

つま先上がりからの打ち方②

【重心の位置が重要】 やり直し重要度3★★★ つま先上がりからのボールの球筋①で

記事を読む

”足で踏ん張れ”は間違い!

【もっとパワーを引き出そう】 やり直し重要度4★★★★ ゴルフスイングは正しい体

記事を読む

クラブフェースのローテーションは、こうイメージしろ!

【ポイントは左手!】 やり直し重要度3★★★ どーも、なお吉です。 前回、前々回と2回

記事を読む

ご質問をいただきました【左肩を下げるイメージ】

なお吉です。 先日、「ヨシ」さんとおっしゃるハンデ12の方から 当ブログ宛にご質問を

記事を読む

完璧!距離打ち分け法

【覚えることは一つだけ】 やり直し重要度4★★★★ アプローチの距離の打ち分け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑