*

ここ一番で簡単に飛距離をのばす方法

【仕事もゴルフもデスクが大事!?】

やり直し重要度5★★★★★

0605

ゴルフをする人間にとって、素振りと実際にボールを打つ時ではスイングが変わってしまうということはよくあります。

特に本番を迎えると、コースのいろいろな罠、同僚の視線、練習不足、ライバルに負けたくないという欲・・・様々な要因がかさなって、なかなかうまくいかないのが現実です。

そんな時なお吉は、自分の中にイメージを持つことで余計な邪念に振り回されないようにしています。
つまり、一つのイメージを持つことで目の前の1球に対して集中することができるようになるのです。

そこで今回は、ボールを遠くに飛ばす時のイメージをお伝えしたいと思います。

その前に、少しだけ想像していただけないでしょうか。

■あなたは今ロングホールのティーグラウンドに来ました。

■それもサービスホールです。

■一打目をうまく飛ばすことができれば、セカンドショットでグリーンをねらうこともできます。

■うしろではライバル達も見ています。あなたのアドレナリンはどんどん上がります。

■そしてできるだけ遠くに飛ばそうとして、無茶振りします。

■ボールの行方も気になるので、間違いなくヘッドアップしているでしょう。

■インパクトを迎える時には体の軸がキープできていないので、ヘッドスピードは自分が思っている以上に上りません。

■しかも振り遅れているために大きく右に曲がる大スライスか、とっさに振り遅れたことに気がついて手首を返し、左に大きく曲がるチーピンかもしれません。

■運よくまっすぐ飛んだ場合でも、セカンド地点にいってみると、思ったほど距離は出ておらず、セカンドショットでもめったに出たことのないナイスショットだけをイメージして、ふたたびグリーンを果敢に攻めます。

■そしてまたコースの罠にはまる・・・。

そうです。実はこのゴルファーは少し前のなお吉なんです。

ボールを遠くに飛ばすということは最大の魅力です。
そしてそのためには、ヘッドスピードをあげクラブの芯でボールをとらえる必要があるのですが、我々が犯してしまいがちな一番のミスは、ヘッドスピードを上げようとして、”大振り”をするということなんです。

【ここからが大事】

実は、ヘッドスピードを上げるためには”鋭く”振る必要があるのです。

飛ばしたい時ほど手元は体の近くに!

ここ一番で飛ばしたい時に起こりやすいミスは、遠心力に負けて手元が浮いたり、左脇が開いてクラブヘッドが垂れ下がることによる振り遅れなどです。
つまり、アドレスをした時のグリップの位置よりもボール側(前側)に出ている場合が多いのです。

そこで次のようなイメージで、クラブを鋭く振っていただきたいと思います。
それは、アドレスをした時にあなたが仕事で使っている通常の仕事用のデスクが目の前にあると想定していただきたいのです。
もちろんスイングをしているときも、クラブヘッドは、デスクの下を通過します。

deskswing

しかし少しでも手元が浮けば、デスクの角にぶつけます。
相当なスピードで振っているので、運が悪いと左手甲などは複雑骨折になってしまうかもしれません。
こんな状況で、できるだけ早く振ることをイメージしてください。

いかがですか。コンパクトに振れるようになったと思いませんか?
たったこれだけのイメージで、右手首の角度がキープできたり、体の伸び上りのなくせたり、いくつかの悪い点が改良され、結果鋭く振れてヘッドスピードもあがるのです。

机の上側を上手に使って仕事をこなし、下側を上手に活用してシングルを目指してくださいね。

【このページのポイント】

①通常のアドレスをとり、目の前に机があることをイメージする。(実際に机があるとベスト)
②スイング中に手元が机に触れないようにゆっくり振ってみる。
③だんだんスピードを上げてスイングする。
④鋭く振れるようになって、ヘッドスピードが上がったことを体感する。


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

ゴルフでの「体の回転」って?

【肩や腰を回せはマチガイ!?】 やり直し重要度4★★★★ あなたはテレビでゴ

記事を読む

一石二鳥のイメージトレーニング術

【飛距離と方向性を同時に手に入れる】 やり直し重要度4★★★★ 少し前からレ

記事を読む

イメージが大切

想像するだけで、スコアが縮まる方法!?①

【想像が、とても『創造的』だという話】 やり直し重要度4 ★★★★ 「なにごともイメージ

記事を読む

右に飛び出す場合の練習法

【球筋によっては一番危険!?】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉です。前回は、自分

記事を読む

頭は残せは間違い!?

【ポイントは音!】 やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。 2回にわたってMr

記事を読む

完璧な「左ひざ」の動きは、こうイメージしよう!

【注意することは一つだけ!】 やり直し重要度3★★★ あなたは左膝の動きに注意し

記事を読む

100切りに絶対必要なものは?

【大切なのは目線】 やり直し重要度5★★★★★ 小学生3~4年生以下の小さい子供

記事を読む

つま先下がりからのボールの球筋

【絶対覚えて置かなければいけないこと】 やり直し重要度4★★★★ 今回は「つま先

記事を読む

本番直前でもOK!まっすぐ飛ばすマインドセット

脇は、ほどよい甘さがよろしいようで。 やり直し重要度5 ★★★★★  

記事を読む

ハンドファーストのインパクトに効果的

【方向性を安定させる】 やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。 今日はゴル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑