*

フォローするぅ?

【フォローは人のためならず】

やり直し重要度 5★★★★★

「ラグビーとゴルフの不思議な関係

残業

会社の同僚に、仕事は遅いけど一所懸命のヤツがいたとします。

その同僚が明日までにお得意先に提出しなければいけない資料が、徹夜をしないと間に合わないという状況になったとき時、あなたは一緒に居残ってフォローしますか?
それとも見て見ないふりをしますか?

こんなストーリーのドラマが最近まで放映されていましたが、できることならみんなでフォローして、完璧な資料を提出するように行動したいですよね。

フォロースルー

だって、彼を助けるだけでなく、お得意先にも喜んでもらい、自社の評価も上がるわけですから、どんどん未来につながっていくわけです。ということで、いつもの長い前置におつきくださってありがとうございます。

今日は「フォロースルー(フォローするぅ?)」

ゴルフスイングを研究していくと、スイングはいくつかのパートに分けられます。

フォロースルーはインパクト以降のフィニッシュに向かうまでのゾーンを示しますが、このゾーンはついついおろそかにされる場所です。

しかし、この部分のイメージを変えるだけで、簡単に100は切れると言いきれるパートでもあります。
なぜなら、実際にはフォロースルーでクラブヘッドが抜けた方向、向いている面にしたがってボールは飛んでいきます。

そのため、ほとんどのプロゴルファーやトップアマなどの上級者は、アドレスやダウンススイングなど、ほかのスイング動作と同じくらいに、フォロースルーやフィニッシュ時の身体の動きを重視しているんです。

ただ、フォロースルーについていろいろ調べると

●左ひじを伸ばす
●腰を回転させつずける
●左に振りぬく
●右ひじをインパクト後に伸ばす

・・・など、いくつもの注意点がでてきます。

でも、いつも申し上げているように、こんな内容を気をつけながらゴルフなんてできませんよね。

「そうならなきゃいけない内容はわかったけど、たった一つのことをイメージすればできるようにしてよ!」と、誰もが思っているはずです。

そこで、なお吉のやり方をご紹介したいと思います。

それはラグビーです。

ワールドカップで歴史的な勝利をおさめ、にわかに注目を集めるスポーツですから、一度はテレビで観戦したこともあると思います。
そのラグビーでのパスシーンを思い出してください。

パスは、基本的に前に投げてはいけません。だから、横に引いたラインよりも少しだけ後ろ気味に投げていきます。この時の投げる形を、ゴルフスイングに取り入れてもらいたいのです。

【ここからが大事】

味方にパスする場合、両手でボールをつかみ右腰あたりから(左に投げる場合)味方に向けて思いっきり手を放り出して、ボールを投げます。
これがまさにゴルフスイングのインパクトからフォロースルーの動きにそっくりなんです。

ラグビーのパス

しかも、両手が右腰あたりから用意する点に注目してください。ゴルフスイングのインパクトも、右腰や右足の前と言われますが、まさにラグビーのパスをする時の形と同じなんです。

もし、ゴルフスイングでアドレスした位置に左手を戻すイメージだと、たいていは振り遅れていたり、左わきが開いて、大きく右に曲がるスライスボールばかり量産してしまいます。

ラグビーの選手を見ていると左の腰から左に振る人はいません。つまり、右腰から左に向けて投げるイメージを持つだけで、インパクトとフォロースルーの正しい形が手に入るのです。フォロースルー(フォローする?)を考えるだけで、すべてがつながってくるんですね。

最近、ゴルフスイングのことで悩んで、動きを複雑に考えてしまっている場合は、一度リセットして、このラグビーのパスの動きを取り入れてみてくださいね。

【このページのポイント】

フォロースルーのイメージ

①ラグビーのボールを持っていると仮定して、パスの映像をイメージして左に投げる動作をする
②この時、上半身の前にかならず両腕があるように心がけ、連動させる
③クラブは持ちません。ゴルフのアドレスでラグビーのパスの再現をする。
④頭が動かないようにし、前傾角度も守りラグビーパスをする
⑤クラブを持って、おなじ動きをしてみる
⑥最初は左足を一歩前に出すと左の壁を感じることができます。慣れてきたら、アドレスのスタンスに戻してみましょう。


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

イメージが大切

想像するだけで、スコアが縮まる方法!?①

【想像が、とても『創造的』だという話】 やり直し重要度4 ★★★★ 「なにごともイメージ

記事を読む

背中で飛ばす

【肩の回転がわかりづらい人のために】 やり直し重要度5★★★★★ どーも、なお吉

記事を読む

プッシュアウトは、すぐ治せる!

【フォローを意識する】 やり直し重要度4★★★★ プッシュアウトとは、ボールが目標よ

記事を読む

切り返し~ダウンスイングの体重の乗せ方

【力強い球筋にする方法】 やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。

記事を読む

「左肘は伸ばせ!」は間違い

【定説は疑え!】 やり直し重要度5★★★★★ ゴルフを始めると、必ず最初にいわれ

記事を読む

発想を変えるだけで上達する方法

【飛ばしちゃいけない!?】 やり直し重要度5★★★★★ 「マン振り」「今日イチ」

記事を読む

たまにはこっちの顔(フェイス)も気にしてみる、の件

たまにはこっちの顔(フェイス)も気にしてみる、の件 やり直し重要度5 ★★★★★ 【頭の

記事を読む

バックスイングで一番してはいけないこと

【バックスイングで重要なこと】 やり直し重要度4★★★★ 以前、バックスイングは

記事を読む

ローラ・デービース

大切だニー!① 「笑ったり」「抜けたりする」アレの使い方

【ニー・アクション】 やり直し重要度2 ★★ 「縦が主流です」 私の名古屋の取引先に、語尾

記事を読む

スマホで自分のスイングを診断する方法

【欠点を浮き彫りにする!?】 やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑