*

すべてはここから!アドレスはどーです!?

公開日: : 最終更新日:2016/08/16 アドレス , ,

http://golfee.jp/wp-content/uploads/2016/01/img_20150107002.png

【これが出来ていないと”飛ばない””曲がる”】
やり直し重要度 5 ★★★★★ 

「自分のアドレス、見たことありますか?」

私はゴルフを1からやり直すときに”正しいアドレス”から始めました。
使うことのなくなった古いビデオを持ち出し、飛球線後方から録画したのですが、再生するとそこには頭も下がり背中の丸まった初老(とも思えるほど・苦笑)の情けない男がクラブを握っていました。

自分ではタイガー・ウッズを気取ったつもりが、仕事でミスをしてうなだれているまさに普段の自分ではないですか!?
ゴルフ雑誌をよくご覧になる方なら「アドレスの前傾は、股関節を中心に体を傾けなさい。」と言われることはご存知のことと思います。
背筋を伸ばし、両腕を肩からダラリとおろしてまっすぐのばし、グリップするというものです。

こんな当たり前のことも、ラウンドしたときの友達や練習場に通ってくる人たちを見渡してみてください。
まず、ほとんどできている人はいません。自分もその一人だったのです。
クレーンに例えるならば、キャタピラーは下半身で、回転部分(運転席のある所)は上半身、アームは手です。
しっかりした土台と、土台に対して水平に回る回転部分がゆがんでいると、重量のあるものを持ち上げることはできませんよね。
スイングの場合も同じなんですね。正しいアドレスの姿勢ができているというのは、よいショットを打つためには必須条件です。

 

スイングの回転軸

 

そこで今回は、正しく、しかもカッコいいアドレスをとれる準備をしましょう。
まずは、最初はクラブは必要ありません。
これは大事なポイントで、クラブを握った瞬間に古い悪い習慣を再生してしまうからです。
効率よく体の回転力をボールに伝えるためには、上半身の回転軸(背骨)をできるだけまっすぐに保つことが必要です。
そのために、前傾を作るときに注意したい部分は、ボールが飛んでいく方向と反対の後ろから見た体の背中から頭部にかけてのラインです。
このラインが反っていても、丸まっていてもダメ。できるだけまっすぐになるようにしましょう。

チェックの仕方としては、体全体が映る鏡の前に横をむいて立ちます。できれば目を閉じて実践してみてください。
準備ができたらソッと目をあけて、まっすぐ立てているかどうかを確認してみましょう。思ったよりもどこかが曲がっていたり丸まっていませんか?
きれいに姿勢よく立てていることを確認したら、そこから、股関節を中心にして体を前に傾けます。少しだけ母指球に体重を感じたら、その角度があなたの前傾角度です。
ここで、一度鏡のほうに頭だけを向けて、背中から頭部のラインを確認してみてください。いかがですか?腰から少し上の部分がそっている場合、上半身に力を入れすぎです。下腹部を引っ込ませる意識をしてみましょう。

また、肩から頭部にかけて丸まっていたり、猫背になる方は、鎖骨(さこつ)をまっすぐに引く意識を持ってみてください。猫背だとバックスイングが小さくなり、おもうように飛距離が出ません。

また、極端に頭部だけが下がっている場合は、ボールを見すぎる傾向が強い人です。完全に”く”の字が前に傾いた形ができあがったら、次は、膝を軽く曲げてください。
ときどき、必要以上に膝を深く曲げて、下半身の安定を取ろうとしている人を見かけますが、スイングの柔軟性にかけ、伸びあがりの原因にもなります。余裕があって強靭な下半身を手に入れるためには、膝は軽く曲げるだけにしてくださいね。

 

理想的なアドレスで!

理想的なアドレス

最初は違和感を感じると思います。でも、練習場に通う必要はありませんから、自宅でちょっとしたときに試すようにしてくださいね。1週間程度で自然に前傾できるようになると思います。前傾が正しくできるようになると同時にしっかりした”軸”が手に入ります。

これでしっかりした下半身とスムーズに回転する上半身を手に入れることができました。まず、この前傾をどんな時も実践できるような準備ができていないと、調子がいい時と悪い時の差が大きく出てしまします。
また、年を取るごとに極端に飛ばなくなるのも、体力以前に、体の軸がどんどん崩れていくためだと考えています。
体の軸を意識することは、普段の歩く姿勢も気をつけるようになりますから、健康的な体も同時に手に入ります。
これであなたの前傾姿勢はパーフェクトです。

【今回のポイント】

クラブは持ちません
①真っすぐに立つ
②股関節を中心に上半身を前に傾け、両腕をダラリとたらす
③腰から頭部にかけてのラインが真っすぐになるように鏡でチェックする
④膝を軽く曲げる


■ ブログランキングに参加しております ■

もし、このブログの記事が少しでもお役にたてたなら、
ポチッとしていただけると幸せです!



にほんブログ村 ゴルフブログへ


■ なお吉への質問・ご相談はこちらから ■

お名前はニックネーム「可」です。
ご質問やご相談はなるべく具体的にお書きください。
ご質問と回答はブログに掲載させていただくことがありますので、
匿名希望の方はニックネームでお書きください。

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。(※は必須項目)
ゴルフのスキル



関連記事

どんなライからもナイスショットを生み出す心得

【まずはイメージだけで上達しよう】 やり直し重要度4★★★★ 大自然の中で気の合

記事を読む

ヘッドアップしないアドレス

「動かない」勇気。プリーズ・フリーズ!

【これだけでも5打は違う!】 やり直し重要度 5 ★★★★★ 「動くな!」 映画の

記事を読む

簡単にヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばす方法

【『目』からウロコのお話】 やり直し重要度3★★★ ゴルフは一生続けられるスポー

記事を読む

左足下がりの練習のやり方②

【練習場でできること】 やり直し重要度4★★★★ 左足下がりからのボールの球

記事を読む

アドレスの間違いが簡単に分かる方法

フェースの向きは大丈夫? やり直し重要度4★★★★ どーも、なお吉です。 5月

記事を読む

ボールの置き位置

男たるもの、タマの位置にはこだわりたい。

【あんたが主役】 やり直し重要度5★★★★★ 変なことを訊きますが、あなたはブリーフ

記事を読む

残り「50ヤード」を確実に乗せる方法

【秘密はスタンスにあった!?】 やり直し重要度5★★★★★ よく肝心なアプローチ

記事を読む

本番直前でもOK!まっすぐ飛ばすマインドセット

脇は、ほどよい甘さがよろしいようで。 やり直し重要度5 ★★★★★  

記事を読む

つま先下がりからのボールの球筋

【絶対覚えて置かなければいけないこと】 やり直し重要度4★★★★ 今回は「つま先

記事を読む

インパクトで一番力を入れる場所

【〇〇の間隔を変えない】 やり直し重要度3★★★   「インパク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • なお吉と申します。1児の父です。練習をしなくても自宅の鏡の前で形をチェックするだけで80前後で回れるようになりました。ベストスコアは73が2回です。プロフィールをさらに詳しく

PAGE TOP ↑